【フリーランサー成功法】Vol.2「時間の使い方について」

こんばんは。
前回の宣言通り、フリーランサーの成功法について書いていきたいと思います。
(たいそうなタイトルですが、お許しを^^;)

 

前回の記事

【フリーランサー成功法】Vol.1経験を伝える記事を書きます。

 

僕がフリーランサーなりたての人と話す時に一番、相談されるのが「時間と金の使い方」です。

 

特に時間については、悩んでいる方が多いですし、僕もかなり悩んでました。いや、僕の場合は、自分が悩んでいないと思っていて自覚症状がなかっただけにさらに問題は深刻でした。僕と同じケースの人も多少なりともいると思いますので、まずは時間について書きたいと思います。

 

■時間投資に失敗しているフリーランサーの事例



 

・常にタスクに負われているイメージを持たれ、忙しいと思われている。

 

打ち合わせの時間に細かい雑務を始めたり、なぜかそわそわしてる感じの人は結構多いです。
 
本当に目の前でお茶してるのに、いきなりパソコン広げて、メールを送り出す人とか、次の事に追われて集中力がない感じの人が多かったりするのですが、これは、余裕ないと思われてマイナスイメージになってしまうので注意です。

 

忙しいと思われると、なぜかいらぬ気を使われて、相談案件とかなくなったり、向こうから連絡がこなくなり、しっかりとしていない感じがするからです。仕事人として余裕がない人は、お客さんからもいらぬ心配をされて、不安がられます。

 

 

仕事術の本にもよく書いてあるのですが、常にテンパってる状態にすると、トラブル対処の力が弱くなるので、なるべく、少しの余裕を持って行動したいところ。

 

大体、うまくいってる人は、Facebookとかで、余暇を楽しんでる投稿が多いです。
あれは儲かってるからとも言えそうですが、実はそうでもなく実際に話を聞いてみると
儲かってなくても時間の使い方にうまくてそういう投稿が多くなる人も多いようです。
 

考えてみれば、余暇を楽しめる時間があるという事は、常にトラブル対処の時間もあり、緊急事態にも涼しい顔をして、すぐにトラブルに対処してくれます。また、コンサルなどの仕事の場合は、お客さん先で緊急でやって欲しい事ができた場合に「すぐにやってくれる人」ほどありがたい人はいないそうです。(これは僕が実際に言われた事です。)

 

でも僕が、これに気づいたときも、最初は暇な状態を作るのが少し怖かったです。

 
ただでさえ、収入が限られているのに、時間の余裕作るために他の案件を断るのは本当に決断苦しかったです。しかも、値段が少し低めの案件が重なった時だったので、最初は地獄でした。
(ゆえに値付けの失敗はしないようにおすすめします。)
 
でも、実際にその時期は、仕事もうまくいくし、人間関係もうまくいくし、時間が余った分で、セミナーとかに行くのもよい自己投資になりました。
 

遊びお金もなかったでので、無駄なセミナーとかに行く事もできなかったのが逆に好結果を生み、ひたすら本を読んだり、お客さんにアフターサービスしたりなどしてました。
 
そうすると、やはり出した成果物が結果によい物になるので、次の案件もよい提案ができたりして、本当にうまく回っていくようになりました。

 

 

■お金をくれている人のために時間を使う

 

僕は、時間についてめちゃ悩んでいた時期に相談したある50代の先輩経営者に下記のようなアドバイスをいただきました。

 

「自分にお金をくれている人に感謝してますか?」

 

「何を当たり前の事を?」と思っていたのですが、実際、自分のGoogleカレンダーを見返してみると「ここに予定入れてなければ、このエラーが起こらなかったかもしれない。」「ここで断りきれない用事のために、もっとつめれた部分がつめきれなかった。。」という物がいっぱいありました。

 

学生時代に、感謝は行動で返すもの。と、しかられながら教わった事がありました。身銭や会社の金を使って、自分に仕事をくださってる方のために一番時間を使うという至極当然単純な事ができてなかった自分を反省しました。

 

逆の立場になるとわかるのですが、僕も、プロジェクトマネージメントをしていて発注先にフリーランサーに思う事は、「別に他の用事とかはこなしてても大丈夫だけど、本当にうちの仕事大丈夫?」という物です。

 
発注する側になるとわかるのですが、自社の仕事に熱中してくれている姿ほど、心を打たれる物はありません。逆に(実際にそうではないにせよ)ないがしろにされているイメージを抱いてしまうと、非常に不安になります。。

 

それでケアレスミスとか起こしてしまうと、本当に信頼を失います。
 
仕事で大事なのは「お客さんの期待値に対し120%の回答を出す事」だと思います。打開策として、コンサルの必須スキルである「期待値コントロール」など、様々な技もありますが、まずは誠実さが一番です

 

言われた事をこなすだけでは、中々、いいフリーランサーになりにくいのだと痛感しました。

 

僕が意識して、実践したのは「多分、これでできるけど、余裕もって2日ほどトラブル対処などの時間を確保する」という物です。「そんな余裕ないよ。」と思われがちですが、365日24時間使い放題のフリーランサーにとっては意外に結構できたります。

 

納期の2日前に出したり、トラブルなくて、少し時間ができたら、発注以上のサービス(YOUTUBEのスライド動画制作をつけてみるなど)をしてみたりなど、お客さんに対し誠実にいい作品を出せば、必ず次の仕事につながります。

 

「自分にお金をくれている人に感謝する」

 

これは自分にとっては、最初は、本当に知ってるようで実態が伴ってませんでした。
特に若手で目上の方と仕事する時はこの姿勢大事だと思います。

 

 

■スケジュールは攻撃的にたてる

 

これは、元公認会計士で経営者の方から、聞いたのですが
「スケジュールは付き合いとかではなく、自分の希望でたてるべき!」

 

とのアドバイスをいただきました。

つまり「誰かに誘われたから」「付き合いだから」という要素のスケジュールがメインにせずに、自分の希望でスケジューリングするのが大事!

 

過去のスケジュールを見返してみると、「誰かに誘われたから、付き合いだから、でも本当は。。。」が多いと、収穫も少なく、また金も減っていき、仕事のクオリティも落ち、時間の無駄きわまりないです。

 

もちろん、たまに当たったりもしますが、長い目で見てみると自分の直感を信じたケースだと、新たな可能性が広がるケースが多いのだと最近、気づきました。
(これも、フリーランサーに限った事ではないかもしれませんが。)

 

極端な例ではありますが、ある経営者の方は「ビジネスになりそうな人以外とは基本的に会わないようにしている。」とまでおっしゃってました。

 

もちろん、交友関係が増えてくると誘いを断る機会が多くて「寂しさ」「不安感」「申し訳なさ」を感じる事が多くなり、また、孤独感なども増えてきます。

 

ですが、やはり、ここでも大事なのが「お金をくれている人に感謝する」が大事なのだと感じます。パーフェクトにやるのは難しいですが、意識するだけで大分変わってきます。

 

■Googleカレンダーを活用する

 

Googlelカレンダーで色分けできるので、これからのスケジュールを

 

「人から誘われた要素、人から誘われたアポ」
「自分が行きたいもの、自分から提案したアポ」

に分けてみるとよい、よくわかります。

 

■「作業日」「人と会う日」を明確に分ける

 

僕の場合、空いた時間にパワポ作ったり、制作したりなどが器用にできないタイプなので、人と会う日は集中して3人〜5人くらいに会い、誰にも会わない日はひたすらパソコンで作業してます。

 

集中力が途切れるくらいならと思い、開き直って深夜を勤務時間にする事もあります。

 
 
 

■時間を制する者がフリーを制する


 
再度書きますが、やはり「忙しい」と心をなくしてしまうので、少し余裕を持つくらいの方が1つの案件に対し、集中力があがりクオリティも上がり、それを事例にしてもっていくと、クオリティが高いので、結果的に次の案件も単価を高めにできるという好循環になる事に気づきました。

 
だから、一時的に収入下がってでも、案件は「少し余裕を持ってこなせる量」が大事なのだと実感しました。その次を作るために、本当につらい時期もありましたが、今は自分を信じてやってみてよかったと思います。


 
「Time is money」は本当でした。時間術とは、お客さんへの愛という側面もあるのだと感じます。
 
 

■フリーランサー向けおすすめ書籍紹介!(毎回、少しづつ紹介していきます。)

 
 
・仕事術や時間について

サッカー日本代表キャプテンの書籍です。
時間術についての本ではないですが、時間に対する心構えが書いているのでおすすめです。
(Kindle版も出ているので、iPhoneでもすぐに読めます。)

 






・Googleカレンダーについて
 
書籍ではないですが、Googleカレンダーについてはある程度網羅できるサイトです。
 
Googleカレンダー 使い方解説一覧 – できるネット

 
Googleを仕事術に生かしたい人はこちらがおすすめです。
 

Share on LinkedIn
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

Shinsaku Enomoto

Shinsaku Enomoto

ブログ記事を読んでいただきありがとうございます。晋作チャンネル管理人の榎本晋作です。 本ブログで、僕が学んできた事や読者の方に有益な事をお伝えできればと思い、記事を執筆させていただいております。 ▶プロフィール ▶Twitter:Shinthanks: ▶Facebook:Shin Enomoto
Shinsaku Enomoto

Shinsaku Enomoto の紹介

ブログ記事を読んでいただきありがとうございます。晋作チャンネル管理人の榎本晋作です。 本ブログで、僕が学んできた事や読者の方に有益な事をお伝えできればと思い、記事を執筆させていただいております。 ▶プロフィール ▶Twitter:Shinthanks: ▶Facebook:Shin Enomoto
カテゴリー: お役立ち, フリーランサー成功法, 仕事について   パーマリンク