【イギリス視察記Vol.3】ロンドンのアップルストアに行ってきました!

ロンドンのアップルストア ロンドンのアップルストア

 

こんにちは。
デートでさえ、アップルストアに行ってしまうくらいアップルストアが好きな榎本晋作です。

 

上海に続き、ロンドンでもアップルストアに行ってきました!
ロンドンのアップルストアはまるで銀座と渋谷を足したようなおしゃれな街「Regent Street」にあります。(やはり、世界中で同じような場所に出店してるのでしょうか。)

 

店の外はまるで、ファイナルファンタジー7の街みたいです。セフィロスが出てきたりして^^;

 

ちなみに、このRegent Street店はヨーロッパ第一号店みたいで、ジーニアスバーは全長14mあり、内装は元々あった石作りのファサードに、ステンレススティール、ガラス、石などを使った近代的なインテリアを組み合わせてるそうです。
 
 
参照元
http://www.apple.com/jp/pr/library/2004/11/18Apple-to-Open-First-Retail-Store-in-Europe-on-Londons-Regent-Street-Saturday-November-20.html

 

たしかに元々の内装と外装を生かした素敵な作りでした!

ロンドンのアップルストア
 

※ロンドンは独特の不動産事情があり、不動産はすべて、エリザベス女王の持ち物で、簡単に改築できないそうです。

 

さて、中に入ると驚きの光景!

 

ロンドンのアップルストアの様子 スタッフのユニフォームが赤です!!




日本でも中国でも青で、アップルストアと言えばスタッフは青と勝手に思い込んでいた私でには衝撃的でした!

 

そして、とにかく広いです!
日本の渋谷店のおよそ3倍くらいあると思います。 それも2階建てです。(あっ、日本も2階でしたよね汗)

 

店内の様子
 

そして、広い店内を生かして、ワークショップ行われてました!講師の方はiMacでしたがおそらく、iPhoneのマップの使い方を教えていたのだと思います。

 

セミナーの様子 セミナーの様子

 

また、店内では、親子連れのお客さんもいて、子どもがiPadで遊べるスペースがありました。レジャーランド的な役割かそれとも託児所的な役割か微妙なところですが、子どもたちが楽しそうに遊んでいる様子を見て、微笑ましかったです^^とにかく体験させてからユーザーとの関係を築くのは感性で売るアップルらしいなぁと感じます。

 

子どももiPadで遊んでいる。 子どもも遊べるように机は低くしてある。

 

日本のアップルストアもそうですが、とにかく商品を体験し、ファンにするという仕組みが徹底してました。アップルファンの方はぜひぜひヨーロッパ1号店を体験しにいってみてください^^

 

店内のワークショップのYOUTUBE動画(久々、晋作TVです!)
■イギリスのアップルストアで行われているワークショップの様子

  



 
 
【追記】
偶然でしょうか?この記事を書いた日にこんなニュースが発表されました!

スティーブ・ジョブズ氏の伝記映画「jOBS」、4月に公開へ

 
 
■Facebook_Twitterやってます。

Twitter: @shinthanks

Facebook: Shinsaku Enomoto

 

Share on LinkedIn
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

Shinsaku Enomoto

Shinsaku Enomoto

ブログ記事を読んでいただきありがとうございます。晋作チャンネル管理人の榎本晋作です。 本ブログで、僕が学んできた事や読者の方に有益な事をお伝えできればと思い、記事を執筆させていただいております。 ▶プロフィール ▶Twitter:Shinthanks: ▶Facebook:Shin Enomoto
Shinsaku Enomoto

Shinsaku Enomoto の紹介

ブログ記事を読んでいただきありがとうございます。晋作チャンネル管理人の榎本晋作です。 本ブログで、僕が学んできた事や読者の方に有益な事をお伝えできればと思い、記事を執筆させていただいております。 ▶プロフィール ▶Twitter:Shinthanks: ▶Facebook:Shin Enomoto
カテゴリー: イギリス, イギリス視察記   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク