ノーベル文学賞受賞者 莫言(ばくげん)氏の願い

記者に答える莫言(ばくげん)氏 2012年ノーベル文学賞受賞者 莫言(ばくげん)氏

 

こんにちは。
お久しぶりです。
榎本晋作です。

 

最近、なかなか更新が進まなくてごめんなさい。
ちょうど、最近2012年のノーベル文学賞が発表されたので
その関連の事を書きたいと思います。

 

ノーベル平和賞の事によく言及している僕(過去記事が最後にリンクしてます)が
なぜ、ノーベル文学賞について、書きたいかと言うと
下記のような毎日新聞の記事を発見したからです。

 

ノーベル賞:莫氏「劉氏の自由願う」 「体制側」に反論

 

上記の記事をざっくりと説明すると
ノーベル文学賞を受賞した莫言(ばくげん)さんが中国政府に対し
2010年のノーベル平和賞受賞者
劉暁波(りゅうぎょうは)さん(以下、劉さん)を
解放すべきだと記者会見で発表したとの事です。

 

軽く、劉さんについて説明すると
「中国を民主的な体制にしてほしい!」という趣旨の
「零八憲章」を起草した方です。

憲章の中身は

「中国共産党の一党独裁の終結」
「三権分立」
「民主化推進」」
「人権状況の改善」


がメインになってます。

 

これが原因で劉さんは2010年2月に
懲役11年の判決を受け、現在も服役中です。

このような状況に対し
同年、劉さんは国際人権団体である「アムネスティ・インターナショナル」
から「良心の囚人」と認定されました。

■良心の囚人とは?

————————————————

非暴力であるが言論や思想、宗教、人種、性などを
理由に不当に逮捕された人のことをそういう

Wikipediaより

————————————————

 

そして2010年10月にノーベル平和賞を受賞しました。
これに対し、中国政府は「内政干渉は許さない」と反論してます。

このノーベル平和賞から
「世界で民主化を進めるべく、人権は守られるべきだ」
というメッセージが感じ取られました。

 

そして、同年、同じく良心の囚人に認定されていた
ミヤンマーの人権家、アウンサン・スーチーさんが釈放されるという
歴史的なニュースがありました。

「ノーベル賞には世界を動かす力がある」
と実感できた出来事でした。


 

長くなりましたが、話を今年の文学賞に戻します。

 

今年の文学賞を受賞した莫言(ばくげん)さんは
劉さんがノーベル平和賞を受賞してから2年たった今年
改めて、劉さんを釈放するよう世界にアピールしました。

 

記事によると莫言(ばくげん)さんは
中国共産党員で、中国の作家協会の副主席との事です。

 

色々と国内でも波紋を呼びそうな行動ではありますが
彼は作家としての「創作の自由」や国内の「民主化」を心の底で願い
そこからでた、今回の記者会見での発言だったのではないかと感じます。

「民主化」と一言で言っても
そこには様々な解釈や見解があるかと思います。

ですが

自由な創作や
何らかの恐怖から逃れる自由

これを世界レベルで実現される日がきてほしいと願います。

■過去記事

「良心の囚人」であったアウンサン・スーチー氏「21年越しのノーベル平和賞受賞演説へ」

 

Share on LinkedIn
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

Shinsaku Enomoto

Shinsaku Enomoto

ブログ記事を読んでいただきありがとうございます。晋作チャンネル管理人の榎本晋作です。 本ブログで、僕が学んできた事や読者の方に有益な事をお伝えできればと思い、記事を執筆させていただいております。 ▶プロフィール ▶Twitter:Shinthanks: ▶Facebook:Shin Enomoto
Shinsaku Enomoto

Shinsaku Enomoto の紹介

ブログ記事を読んでいただきありがとうございます。晋作チャンネル管理人の榎本晋作です。 本ブログで、僕が学んできた事や読者の方に有益な事をお伝えできればと思い、記事を執筆させていただいております。 ▶プロフィール ▶Twitter:Shinthanks: ▶Facebook:Shin Enomoto
カテゴリー: 政治経済, 時事   パーマリンク